Welcome to Clean Inquiry!

(日本語は下へスクロール↓)

 

No matter how many problems you have, I'll go on asking you "And what would you like to have happen?" until I hear a clear statement of your desired outcome. It is you who tells me when, where and how you want to go, and you are absolutely free to change your mind at any point. I'll walk, run, return, go side ways, or rest, side by side with you without arguing about the decisions you make. I trust relaxed. Because I know that the clearer the out come the easier it is to get it.

 

The three types of Clean Inquiry sessions on offer are devised by a New Zealand born consulting psychologist David Grove in the 1980s that is used especially in psychotherapy and coaching. It is here to help you to access your unconscious mind which contains loads of knowledge and wisdom. Clean Inquiry is revolutionary in a sense that it makes you absolutely certain that you have all the answers within.

 

Of all those therapies which were born in the West and have been evolving, what is particularly unique about Clean Inquiry is that its approach is actually closer to Eastern tradition like Zen or meditation where you seek the solution within.

 

“The client discovers his information from his experience, in his own way. The information evolves internally out of the client’s experience. It is not introduced into the client’s experience by the therapist.”

Grove, D. & Panzer, B., “Resolving Traumatic Memories”, p.18

 

It is best to take a session to find out how it feels like to be asked Clean Questions! 

 

All sessions are available in English or Japanese.

クリーン・インクワリーへのお誘い

 

あなたにどれだけ問題があろうとも、あなたの望みがはっきりわかるまで、私は、「で、何が起きればいいのでしょう?」と問い続けます。いつ、どうやって、どこへ行きたいか、を決めるのはあなたです。どの地点でも変更は自由です。あなたがどんな決断を下そうとも、私は口を差し挟むことなく、あなたに寄り添って、歩いたり、走ったり、戻ったり、道草食ったり、休んだりするでしょう。私はくつろいで信頼しています。だって私は知っているんです。あなたの望みが明確になればなるほど、それは簡単に手に入るってことを。

 

クリーン・インクワリーの3種類のセッションは、ニュージーランド出身の心理カウンセラー、デヴィッド・グローブが、創案した問いかけの技法です。そして、彼のもとで学んだペニー・トンプキンズとジェームス・ローレイが、神経言語プログラミングの技法を組み合わせ、シンボリック・モデリングに発展させました。知識と知恵の源であるあなたの無意識マインド(潜在意識)にアクセスし、答えはすべて自分が知っていたことを確信させられる革命的なメソッドです。赤ちゃんが自然に安産で生まれるかのように自分から出てきた答えがどれだけ説得力があり、自立と自発性を育むものであるかを理解するには、セッションを体験するのが一番です。

 

西洋心理学から生まれたセラピーは日々進化しています。その中でもクリーン・インクワリーは、外側に答えを求めるのでなく、意識を内に向ける東洋の瞑想や禅に近づいているといえるでしょう。

 

クリーン・インクワリーはクライアントの責任感や自主性を育てるという効果から、欧米ではすでにビジネスや教育現場で活用されています。日本にもこの素晴らしいワークが広まっていくことを願ってやみません。

 

セッションはすべて、日本語、または英語で受けることができます。